海外でレンタルWi-Fiを使いたい時はどうすればよい?

海外レンタルWi-Fi初心者さんが知りたい「キホン」

「ホ」ントに大丈夫?注意した方がいいこと

レンタル前にここはチェック!

まず、レンタルが必要と決まったら、予約は早めにしましょう。
空港によっては、レンタル会社の専用カウンターが設けられていない所があります。
その場合は宅配での受け取りしかできませんから、出発までにWi-Fiを受け取れるようにしなければなりません。
出発する空港にレンタル会社の専用カウンターがあるかどうかもチェックしておくと良いですね。

次に、レンタル会社を選ぶ時は渡航先で使えるかどうか、確認しておきましょう。
特に当日申し込もうと考えている人は、その場で使えないと知っても遅いですから。

最後に、空港によってレンタル会社の営業時間は異なりますし、当日申し込みができるかどうかも異なります。
事前に調べておきましょう。

また、支払いはクレジット払いの所が多いです。
レンタル会社によってはNP後払いを取り入れている所もありますが、クレジットカードは持っていった方が良いでしょう。

レンタル後の油断大敵

レンタルできたら安心!と思ってすぐに電源を入れてみる、なんて事やってしまいそうですよね。
それは絶対NGです。
レンタルする際の注意書きにも書いてありますが、申し込み以外の国で電源を入れると、定額サービス対象外の料金が発生し、高額請求となる場合があり、その後の通信もできなくなる場合があります。
これは出発前の国内でも同じですので気を付けましょう。

そして、レンタル中はバッテリーの駆動時間に注意しましょう。
バッテリーが持つ時間はあまり長くありません。
使う時だけ電源を入れるようにした方が長持ちしますよ。

また、データの使い過ぎにも注意です。
それぞれのレンタル会社が提案するプランによってデータ使用量が変わりますが、どちらにしろ、使い過ぎてしまうと制限がかかり、使用できなくなってしまうので注意。

最後に、レンタル後は延長料金がかからないよう、空港か、郵送ですぐに返却しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る